ワインツーリズムやまなし2019・秋 は終了しました
2021.
4.10SAT

ワインツーリズムやまなし2021・春 開催します。

いつもありがとうございます。
昨年ワインツーリズムは、新型コロナウイルスの影響によって全てのリアルイベントを中止いたしました。
今回ワイナリーさんからの要請もあり、規模を縮小して新型コロナウイルス感染防止対策を徹底しながら開催することとなりました。
人数を限定し、混雑する朝のバスは完全予約制にします。
地域の飲食店は、入店制限などがありますので、みなさまがランチに困らないよう
お弁当と食べる場所のセットを予約できるように地域の飲食店のご協力のもと準備しました。
ワイナリーさんたちも安心してみなさまをお迎えできるように、体調チェックシートへの記述、提出のご協力をお願いいたします。
各ワイナリーでは訪問カード(こちらで作成し受付でお渡しします)を記述の代わりにお渡しいただきます。
徒歩を楽しめるエリアはバス移動ではなくのんびりと歩くことをオススメします。
マップに徒歩が楽しいエリアも記載してありますのでのんびり春の週末をお楽しみ下さい。
【概要】や【新型コロナ対策】をお読みいただき、ご理解のうえ、ご協力くださる皆さまのご参加どうぞよろしくお願いいたします。
みなさまとともに、感染者を出すことなく、コロナ禍でもワインツーリズムが楽しめるということを積み重ねていきたいと考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。

簡単なアンケートにお答えいただいた後、お申し込みフォームへ遷移します。
今後のワインツーリズムに活かさせていただきますので、是非ご協力よろしくお願いいたします。

参加ワイナリー 10社

マルス山梨ワイナリー、ニュー山梨ワイン醸造、笛吹ワイン、八代醸造、アルプスワイン、新巻葡萄酒、北野呂醸造、日川中央葡萄酒、矢作洋酒、ルミエール

主催:一般社団法人ワインツーリズム
総合プロデュース:ローカルスタンダード株式会社
運営:株式会社鶴興社
旅行企画実施:株式会社タビゼン

費用

料金A:リアルイベント(150名限定)
9:00 石和温泉駅発右回りチケット
(25名限定)8,800円(10%税込)
9:30 石和温泉駅発右回りチケット
(25名限定)8,800円(10%税込)
10:00 石和温泉駅発右回りチケット
(25名限定)8,800円(10%税込)
9:20 石和温泉駅発左回りチケット
(25名限定)8,800円(10%税込)
9:50 石和温泉駅発左回りチケット
(25名限定)8,800円(10%税込)
10:25 石和温泉駅発左回りチケット
(25名限定)8,800円(10%税込)
お申込みはこちら
料金B:オンラインイベント(130名限定)
参加ワイナリー10社のテイスティングワイン付き5,500円(10%税込・送料込)
お申込みはこちら
料金C:お弁当オプション・配送場所は指定されています
「カフェ ナナカラ」
山菜と自家製野菜を使ったお弁当(10食限定)1,500円(10%税込)
「レストラン ゼルコバ」
特製・山梨の食材を使ったお花見弁当(20食限定)2,500円(10%税込)
「喫茶 KIVIS」
煮込みハンバーグ弁当(お惣菜4〜5種付)(10食限定)1,000円(10%税込)
「農カフェ クルール」
お花見弁当(デザート、ドリンク付)(20食限定)2,200円(10%税込)
「江戸屋商店」
旬の地元食材が中心の手作り弁当(名物「ごま豆腐」付)(20食限定)1,500円(10%税込)
お申込みはこちら

申し込み締め切り
料金A:リアルイベント(150名限定)
2021.3.30(火)(銀行振込の場合)
2021.4.7(水)(カード決済の場合)
料金B:オンラインイベント(130名限定)
ワイン発送もございますので締め切りを4/2(金)とさせていただきます。
料金C:お弁当オプション
準備がございますので予約の締め切りを4/6(火)とさせていただきます。
※いずれも定員(売り切れ)になり次第締め切らせていただきます。


リアルイベントのご注意
※上記参加費には専用バス一日利用券、簡易マップ&時刻表&ワイナリー情報を含みます。
※お申し込みいただいた方には、バス一日利用券引き換えPASS・簡易マップ&時刻表&ワイナリー情報が完成次第、事前にお送りいたします。(4月4日までに決済の方、それ以降の方は当日お渡しとなります。)
※飲み放題のイベントではございません。上記参加費にはテイスティング代が含まれているわけではなく、各ワイナリーにて無料・有料のテイスティングが用意されています。
オンラインイベントのご注意
※上記参加費にはテイスティング用のミニボトルワインセット(参加10社各1種送料込)を含みます。
※お申し込みいただいた方には、当日のzoomの招待メールと当日のワイナリー訪問スケジュール、テイスティング用のミニボトルワインセット事前にお送りいたします。

受付

石和温泉駅南口
※事前申込のみとなっております

対象・定員・訪問先

対 象:大人(未成年者は無料、ただし保護者同伴のこと)
定 員:150人
訪問先:参加予定のワイナリーは10社。
各ワイナリーで有料・無料のテイスティングをご用意。どこを巡るかご自身でプランを立てて、当日産地まるごとお楽しみいただき、ぜひお気に入りのワインを見つけてください。

持ち物・服装

天気にもよりますが、産地の散策等を楽しむ旅です。歩きやすい服装で、またぶどう畑にも入る場合があります。お勧めは、スニーカー、汚れても濡れてもよいもの、長ズボン、帽子、タオル、カッパなど。当日の天候にもよりますが、雨や防寒対策もお願いします。

新型コロナウイルス対策

※参加可能人数を例年の半分以下に限定させていただきます。
※リアルイベント参加お申し込みの方は、ワイナリーさんたちが安心してみなさまをお迎えできるように、体調チェックシートへの記述、提出をお願いいたします。
体温チェックシートはこちら

※各ワイナリーでは訪問カード(こちらで作成し受付でお渡しします)を訪問記録としてお渡しいただきます。
※朝のバスが混雑しますので、石和駅発のバスのみ発車時間ごとの完全予約制とさせていただきます。最大60人乗れる路線バスを25名さま完全予約制とします。
※徒歩を楽しめるエリアはバス移動ではなくのんびりと歩くことをオススメします。コロナ感染対策の面からもぜひ歩いてみてください。マップに徒歩が楽しいエリアも記載してありますのでのんびり春の週末をお楽しみ下さい。ただしご無理はなさらないようにしてください。
※バス車内は常時窓を開けて走行します。
※バス車内は飲食禁止とさせていただきます。※参加記念ワイングラスはございません。ワイナリーでのテイスティングは、プラカップとなります。
※マスク着用でのご参加をお願いします。
※フィジカル・ディスタンス(物理的距離)の確保のご協力をお願いします。
※37.5℃以上の発熱のある方、発熱がなくても「咳、のどの痛み、息苦しさ、胸の痛み等の呼吸器症状や味覚障害がある」場合はご参加をお控えいただきますようお願いいたします。
※バス車内、ワイナリーには消毒液をご用意しております。
※参加中に体調不良となった方は、「咳、のどの痛み、息苦しさ、胸の痛み等の呼吸器症状や味覚障害がある」等の疑いのある方はスタッフ、乗務員にお申し出ください。保健所に連絡の上、その指示に従っていただきます。
※ワイナリーでの入場制限などもございます。各ワイナリーのルールに準じて密を避けるようお願いいたします。
※ランチは、山梨県の感染防止基準を満たした「やまなしグリーンゾーン認証施設」をおすすめします。
笛吹市内の認証施設はこちら

バス運行時間

バス運行表はこちら

※朝のバス以外は、お好きな時間にご乗車いただき自由行動となります。
※専用バスには一日バス利用券(リストバンド)を提示してからご乗車ください。
※上記の新型コロナウイルス対策徹底のご理解とご協力をお願いいたします。

[参考情報]
電車時刻表 http://www.jreast-timetable.jp/
高速バス時刻表 https://www.highwaybus.com/rs-web01-prd-rel/gp/index

バスルート概要(予定)

●石和・御坂・八代・一宮バスルート 左回り (約30分毎に運行/1周約80分)
石和温泉駅南口→御坂→八代→市之蔵→狐新居→南野呂→上矢作→温泉街入口→石和温泉駅南口

●石和・御坂・八代・一宮バスルート 左回り (約30分毎に運行/1周約80分)
石和温泉駅南口→温泉街入口→上矢作→南野呂→狐新居→市之蔵→八代→御坂→石和温泉駅南口

※<貸切バス会社> 山梨交通または同等クラス
※「石和温泉駅南口」バス停が専用バスの発着所です(バスの乗り換えあり)
※運行間隔が変わる時間がございますのでご注意ください。
※運行表の時間は道路事情等の事由により遅れが出る場合があります。また集中による混雑でご乗車できない場合、次の便までお待ちいただく場合がございます。ご了承お願いいたします。

その他

  • 事前に送付するバス一日利用券引き換えPASS、体調チェックシート(記入したもの)などを必ずご持参ください。
  • ワインをお楽しみいただきますが、「飲み放題のイベントではございません」
    ワイナリーでテイスティングを楽しんだら、是非お気に入りのワインをご購入ください。
  • 現地発着のイベントです。集合場所までの交通手段と帰りの交通手段は含まれません。
    お酒を飲まれますので車でのご来場はお断りしております(駐車場無し)
  • ぶどう畑写真を近くで撮りたくなりますが、農家の方々にとっては大切な畑なので、許可なく畑に入ったりなどは絶対にご遠慮ください。